スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
--年--月--日 | スポンサー広告


お雑煮いろいろ。

お正月といえばお雑煮。

私の生まれ育った美濃地方というところは 
東西の文化が微妙なバランスで入り交じる地域でありまして
お雑煮はすまし汁仕立てで 角餅(東)を 煮て(西)作ります。
ご家庭によって多少の差はあるかと思うのですが
岐阜・名古屋あたりの雑煮はいたって質素。
カツオだしのしょうゆ味で、具は 正月菜またはもち菜と呼ばれる小松菜に似た菜っぱ のみ。
(近年は小松菜が正月菜として売られていることも多いです。
 本当のもち菜はあんまり見かけなくなってしまった。 今年買ったのは小松菜であったよ。)
他に入れるとしても かまぼこくらい???
で、お椀によそってからたっぷりの花かつおを乗っけて食べる。美味。

一方 箱根の山を越えてやってきた牛にとってのお雑煮とは
すまし汁仕立てで 具は小松菜と鶏肉(ササミ)、三つ葉、ゆず など。
そして東では当たり前だそうなのですが角餅を焼いてから入れるものらしい。

毎年毎年 お餅を焼いてから入れるべきか煮て柔らかくするべきか
文化の違いについて語り合いつつ
元旦と2日にそれぞれのお雑煮を味わいます。



最初はありえん!と思っていた 焼いたお餅を入れたお雑煮も
慣れてくるとなかなか美味しいとは思うのですが
おいしそうに焼けてきたお餅を見るとどうしても
そのまま醤油をつけて海苔を巻いてほおばりたい衝動に駆られるのだけは
止めることができませぬ。

西のほうへ行けば お餅は丸く場所によっては白味噌仕立てだとか、
地域によっては入れる具もお豆腐やら里芋やらイクラやらブリやら海老やら鶏もも肉やら、
ひとくちにお雑煮といってもほんとうに色々なんですね。
いろんな地域のお雑煮を食べ比べてみたいけれども
質素なお雑煮に慣れている私としては
個人的には多分、油の浮いたお雑煮はかなり衝撃的だと思います(笑)。

みなさんはどんなお雑煮を食べましたか^^?




関連記事




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
2011年01月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | たべもの


コメント

管理者だけに表示する

自己紹介

更新日

リスト

検索フォーム

お気に入りリンク

自分にできる小さなこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。