スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
--年--月--日 | スポンサー広告


子供を放射線から守る

私ヒツジと、夫 牛には子供がいません。
年齢からいって、おそらく子供を持つことは難しいと思います。
もしも自分に子供が居たら、その子が何よりも大切になるのかもしれません。
でも、自分の子供が居ないかわりに、私には世界中すべての子供たちがかわいい存在です。
姪っ子がかわいい。牛の甥っ子もかわいい。
友達の子もかわいい。すれ違う子達や出会ったことのない子供たちもかわいい。

すべての子供には、子供らしく、何にも脅かされることなく
健やかで幸福で居て欲しいと思っています。


福島第一原発の事故で高濃度の放射性物質が
大気中、海、土壌など私たちを取り巻くものの中に放出されました。
小さい子供は大人に比べて放射線による被ばくのリスクが高いと言われています。
子供は細胞分裂が活発なので、被ばくによって傷つけられた細胞が
修復されることなく複製される可能性が高いこと、そして
放射性物質が地表や窪地などに溜まりやすいことから
地表に近い位置(身長)の子供は大人よりも影響を受けやすい為だそうです。



国が安全です安全ですと繰り返す今の環境は本当に安全なのでしょうか。
「直ちに健康に影響はありません」イコール
「今すぐは大丈夫だけど何年か後は被害があるかも」としか聞こえません。
被ばくは「できる限り避けること」がよしとされているのに
大きく引き上げられた基準値より下回っているからOKと言われても。

(女性はレントゲン等の検査のとき必ず妊娠の有無を聞かれますよね。
 あれはリスク回避のためだと思うのですけど。牛にそのことを話していて
 男性は聞かれたことないと知り、それだけ胎児への被ばくの影響を考慮・懸念されている
 ということなのでは?)

目に見えない放射線を過剰に気にするのもよくないのかもしれません。
東北や関東にで生活をされている方達は、その場所を離れることができない方も
たくさんいらっしゃると思います。
どこに住んでいても、100%被ばくを避けることは不可能なら
できる限り食品や飲み水、雨天時のお出かけなどに気をつけて生活するしか
被ばくを最小限に抑える方法はないのかもしれません。



お子さんをお持ちの方は、どうか気を付けてあげてください。
目に見えない放射線からお子さんを守ってあげてください。
今すぐに影響がなくても、5年後10年後のお子さんのために
できる限りのことをしてあげてください。

今 神経質なくらいに気を付けて、
10年後20年後に「あの頃はあんなことまで気を付けてたね~」と
笑い話にできたら何よりだと思います。



↑のイラストは 柚木ミサトさんからお借りしました。
お礼を申し上げます。



関連記事




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ


コメント
こんにちは、暑いですね。
国の言う「安全です」はどこまで
安全なのか甚だ疑問です。
電力会社の隠蔽工作もケシカランと思いますが、
こうなってしまった現状とどう向き合うか・・。

子供の未来が明るいものであるように・・・と思います。

ココリン URL 2011年06月28日 14:49:08 編集
No title
ちょっと安心しました。
初コメです。。
オーストラリアに住んでいます。
今年の一時帰国をキャンセルしている
日本人の家族が多いのです。
やはり子供たちのためにと。。
私も同じ考えです。
ただ、、関東に住んでいる親戚には
本当の理由を言えませんでした。
そして聞いてみる「もう大丈夫よ~!普通の暮らしをしているから帰って来なさい。。」と。。
でもヒツジさんのこの記事を読んで
日本にもこのように考えている人たちがいる事、私たちの意見は決して間違っていないかもしれない事が分かったような気がしました。
長くなりましたがありがとうございました。
ぼるんちゃん URL 2011年06月28日 20:24:01 編集
Re: ココリンさん
毎日暑いですねぇ(´Д`;)

国の言う「安全です」が本当に安全ならよいのですけどねぇ。
元来の疑り深い性格に加え、一連ののらりくらりとした説明を聞かされると
どーにもいけません。

本当に、全ての子供たちの未来が明るいものであるように、と願わずにはいられません。

★^^
ヒツジ URL 2011年06月30日 21:33:50 編集
Re: ぼるんちゃんさん
はじめまして^^
ヒツジ牧場へようこそ。

オーストラリアから見ると日本の現状はどんな感じですか?
一時帰国を中止されるご家族が多いということは、深刻に伝わっているのでしょうか。
私から見る日本国内はかなり能天気に見えます。
(住んでいる地域性もあるのかもしれません。福島からはだいぶ離れているもので。)

関東のご親戚のおっしゃった「普通に暮らしているよ」も本当のことだと思います。
でも一口に関東といっても場所によっては大きく原発の影響を受けているところもあると思います。

自分だったらどうするかを考えてみました。
もしも自分が海外に住んでいて、小さい子供が居て、
毎年一時帰国することが決まっているとしたら、今年も例年通りにするかどうか。
私だったら、今年何か特別な、今年しかできない重要な用事等があれば帰国しますが
そうでなければ今回は見送るかもしれません。

中部大学の武田先生のサイトも参考になります。
もしよかったらどうぞ^^  http://takedanet.com/
ヒツジ URL 2011年06月30日 22:02:37 編集

管理者だけに表示する

自己紹介

更新日

リスト

検索フォーム

お気に入りリンク

自分にできる小さなこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。