スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
--年--月--日 | スポンサー広告


3万513人

1月10日現在の東日本大震災による死者は1万5844人、不明者は3450人。警察庁によると昨年一年間で自ら命を断ったヒトの人数は3万513人。平成10年以降14年間、毎年3万人以上のヒトが自ら命を断っている。私たちの住む島国は自殺大国だ。自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は資料により異なるが世界の上位5~8位に入っている。目には見えぬが、千年に一度といわれた地震や津波と同じようなものが、それ以上のものが、毎年この島を襲っている。

昨年の5月に幼なじみが自殺した。東伊豆で小さな旅館を経営していたが、経営が行き詰まり売却した。直後に死んだ。幼稚園から高校まで一緒だった。長いこと連絡を取っていなかったが、堪えた。

3万513の苦悩。その妻子、祖父母、兄弟姉妹、親戚、友人、知人の困惑、後悔、悲嘆、哀しみ、怒り、罵り、虚無感。未遂もあるだろう。未遂までいかないヒトもいる。クライシスだ。

ヒトの世とはなんだろう。本能が壊れ、欲求だけでなく欲望に振り回されるヒトという動物に、最も適した社会の形とはどんなものだろう。この星の価値の基準は貨幣なのだろうか。この星で生きるための原則は弱肉強食なのだろうか。ヒトの群れはいつの日にか、5000年後、1万年後に楽園を創り出すことができるだろうか。ブッダから2500年、イエス・キリストから2000年。ふたりの言ったことが最高とは思わないが、ひとつの規範にはなり得る。私たちは成長しているのだろうか。自己愛も貨幣も科学も弱肉強食も、行き着くところまで行ったときに、私たちは気づき、自律することができるだろうか。

結局、塵のようなものでも、ジンルイのために善だと思ったことをやってゆくしかない。


以上文責 牛   


060605_1720~0001


関連記事




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ


コメント

管理者だけに表示する

自己紹介

更新日

リスト

検索フォーム

お気に入りリンク

自分にできる小さなこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。