スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
--年--月--日 | スポンサー広告


ほんとうのさいわい


皆様、いかがお過ごしでございましょうか。
新年のご挨拶もせずほったらかしておりましたが、
今年もヒツジ牧場をよろしくお願いいたします。


そして、今年最初の更新が牛の記事ってどうなの(汗)
ほんとうに近々「牛牧場」と化すのではないかと・・・(汗)



----------------------------------


 東日本大震災の後には、宮沢賢治がよく用いた「ほんとうの幸い」という言葉に多くの人が目を向けた、と新聞にあった。
 「幸い」とは。万葉集研究の第一人者、中西進さんの『ひらがなでよめばわかる日本語』から抜粋。


「日本語は発音上母音をかえて、新たなことばを生んでいきます。「さき」のもとは「さく」。「花が咲く」の「さく」です。そしてこれが「さか」「さき」「さけ」というふうに、変化していきます。「さき」はもちろん、「さく」の名詞形で、「遅咲き」「早咲き」などといいますね。
 すると「さきはひ」ということばは、花盛りが長く続く、といういう意味になる。まさに人間が感じる「さいわい」とは、心のなかに花が咲きあふれてずっと続く状態、それを、日本人は幸せだと感じたということがわかります。
「さいわい」というと、現代人は抽象的に、何となく満たされた気分のようにかんがえるでしょう。
 しかし、本来、日本人はきわめて具体的に、花があふれ咲き満ちているような状態を思い浮かべて、それを「さきはひ」と表現した。これが古来、日本人の幸福観だったのです。
 日本人の感覚はきわめて具体的です。そもそも幸福観など、抽象的でどういうことをいうのかわかりにくいものと考えがちですが、まさにそれが現代人の悩みです。
 古代の日本人は、「幸福って何?」と問われると「心の中に、いっぱい花が咲きあふれているように感じること」とすぐ答えられました。その証が、「さいわい」という日本語です」

ひらがなでよめばわかる日本語 中西進 著・新潮文庫

 このサイト〝misty's pups〟は、なごみとぬくもりだろうか。


以上文責 牛 





関連記事




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。よかったら足跡代わりに押してくださいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ


コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 年末のご挨拶。 »»

自己紹介

更新日

リスト

検索フォーム

お気に入りリンク

自分にできる小さなこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。